世にも奇妙な物語2016の西島秀俊らキャスト4名&あらすじ

Sponsored Link
 

      2016/05/20


タタタタタタータターターターター♬

タタタタタタータターターターター♬

ダララララッ♬ダララララッ♬ダララララッダッ ダラララランッ♬

 

私、テレビ番組で一番好きなのが『世にも妙な物語』なんすよ。

もともとドラマが好きだけど、こんだけ短い尺で起承転結がしっかりしてる短編集ドラマが好きです。

あと、『奇妙』←ってのがすごく好きなのね( ^^) _旦~~

毎年定期的に放送されるから、そこもすごくいい。

 

では、

2016年春 特別篇のキャストとあらすじを紹介していこう。

 

『通い軍隊』 主演:西島秀俊

世にも奇妙な物語 2016 西島秀俊 キャスト あらすじ

西島秀俊が主演を務めるのは、筒井康隆原作の「通いの軍隊」。

こちらの作品がドラマ化される。

西島秀俊の本ドラマの出演は、2004年の「過去から日記」以来、およそ12年ぶりの復帰作だ。

本人も今回の作品に対して、「ブラックユーモアの作品なのですごく楽しみに現場に入りました」とコメントを残している。

 

内容が戦争モノということで、実際に戦闘シーンの撮影をロケ地・静岡県裾野市で富士山を間近にして行われた。

撮影に挑ん西島秀俊も、

「“戦争もの”ということで短編なのですがかなり撮影は大がかりな、贅沢な撮影をしています。やはり『世にも奇妙な物語』ならではの一筋縄ではいかない、普通の戦争ものではない、なにか本当にブラックユーモアにあふれた作品になっていると思います。ぜひ期待して見ていただけるとうれしいと思います」

と発言しているので内容に期待したい!

2016年の西島秀俊にもね!

 

あらすじ

前島啓一郎(西島秀俊)が住む日本では、世界的な納豆ブームを受け、「ニュー・イバラキ」が日本からの独立を宣言し政府軍との戦いが続けられている。前島が務める会社が納品したライフルに不具合があり迷惑をかけたため政府軍におわびにいくよう上司から指示される。謝りに行くと、そこはサラリーマン化した戦場。すぐに帰るはずが、気づけば戦争へ加担しており、やりがいをも感じるようになっていく。そんな前島を驚くべき結末が待っていた…。

茨城も「ニュー・イバラキ」とか呼ばれる時代が来るとかw

なんとなくありがち設定がいいよね。

通い軍隊は普通の会社に勤めるように、午前9時~午後5時の間戦争に参加しているという話。

近未来チックだ。ありそ~(*´Д`)

 

『夢見る機械』 主演:窪田正孝

世にも奇妙な物語 2016 西島秀俊 キャスト あらすじ

窪田正孝が世にも奇妙な物語に出演するのは今回が初!

これは意外だった(汗)

本人は小さいころからこのシリーズを家族で観てきたこともあり、今回の出演決定で自身よりも一番喜んでいるのは母だという。

これについて本人も母の夢を叶えられたことを幸せに感じているという。

そして注目されるのは、窪田正孝が出演する作品。

なんと大御所漫画家・諸星大二郎の作品が決まったのだ!

SFですよSF!

今までもオファーはあったようなんだけど、なかなかドラマ化するのが難しいとされていた諸星先生の作品がついに実現することが出来たという驚き((+_+))

SFですよ!

 

あらすじ

窪田演じる野間崎健二は漫画家になる夢を抱きながら作品を描き続けているがなかなか認められない青年。両親からも現実を見つめ就職を考えるようにと言われている。いつものように母親と言い争った際、部屋から押し出した母親がふいに倒れてしまう。その瞬間驚きの事実が明らかに!母親が実は機械だったのだ。恋人の慶子(石橋杏奈)はそんな健二を励ますのだったが…。次々と驚きの事実を目撃し追い詰められていく健二。彼が選択した決断とは。

母親が機械という事実。

鬼ヶ島のコントで見たことあるぞ!

???

まさかそのオチか・・・?

 

『クイズのおっさん』 主演:大重豊・高橋一生

Sponsored Link

ダブル主演!?しかもどちらも初主演!?

いや、ここはどちらもソロで1作品やって欲しいんだけど(;´∀`)

だってどっちも面白そうな作品が出来上がりそうじゃん!!キャストを大事にしとくれ~

ただね、このあらすじが非常に面白そうなんだよ。

違うか、

非常に奇妙そうなんだよ(笑)

あらすじ

古賀三郎(高橋一生)はなんの面白みもない毎日に嫌気がさし、ちょっとだけ変化がほしいと思い軽い気持ちでクイズ番組に出演する。それがすべての始まり。クイズで優勝した三郎に与えられた賞品は、優勝賞金100万円、そしてなんと「クイズ1年分」。なんのことかと思っていた三郎の前に翌日からクイズを出題するナゾのおっさん(松重豊)が現れる。“クイズのおっさん”に追いかけ回される三郎。おっさんと三郎の世にも奇妙な日々が始まる。

まず、この設定ならこの起用はハマってるw

おっさん、しかもナゾのおっさんが松重豊ってのが面白い。世にも奇妙な物語ってナゾの人物がよく出てくるよね('ω')

これはオチが読めないっすねー。

 

松重豊さんって「懲役30日」で初出演してたんだってね!!あれに出れるって運がいい!全然気づかなかった。

その後、「地獄は満員」の出演以来12年ぶりとなる。

一方、高橋一生は「ドラマティックシンドローム」「箱」と2作出演で今回で初主演。

「箱」ってつい最近だからね。

起用のスパンが早いわ( ゚Д゚)

 

「世にも奇妙な物語」TV復刻版サウンドトラック [ ハイ島邦明 ]

 

 - ドラマ, 俳優, 番組